べビマレッスン

ベビーマッサージって本当に必要?*ママトリコ*のベビマへの考え方

ママトリコのベビーマッサージ

ベビーマッサージって何?

わざわざお金出してまでやる意味ある?

私も最初はそうでした笑。

そして今では、べビマの魅力にどっぷりハマりました!べビマを知ればするほど、子供の体・心の発達に効果があることが分かったからです。(リンパ、神経系など、けっこう奥深い所まで落とし込んで勉強しました)

でも、べビマの一番の効果は、ママが癒される幸せな時間だと私は考えています

ベビーマッサージっていう名前からすると、「赤ちゃんが主役で赤ちゃんを気持ちよくさせてあげる」って思われがちなんですけど、私はむしろ逆だと思います。

ベビーマッサージ=ママが癒される時間

赤ちゃんが産まれてからは、毎日が怒涛の日々。「今が一番可愛い時よ」なんて言う通りすがりのおばあちゃんに、愛想笑いしかできない自分もいたりして…。

いやいや、めっちゃしんどいし!って。笑

そんなママの心の余裕がなくなってる時にこそ、私はべビマは素晴らしい癒しツールだと考えています。

  • 赤ちゃんの体を意識的して触る
  • アイコンタクトを意識的にとる
  • まんべんなく全身に触れる

どれも、日常にない行為だと思いませんか?(やっていたら、すいません)

赤ちゃんの体は、つるっつるで気持ちいいです。むにむに、ぷちぷちのお肌をなでれば、ママの感覚神経を通ってリラクゼーション効果が生まれます。

赤ちゃんとアイコンタクトをとることで、「ああ、私は赤ちゃんを産んだんだ、ママになったんだ」求められているありがたさに気づかされます。

そして赤ちゃんに「触れる」ことが当たり前になると、「あれ?今日お腹が張ってるな」「いつもより熱っぽいな」と、子供の体調の微妙な変化にいち早く気づくことが出来ます。

もちろん、赤ちゃんに限定しなくてOKです。ベビーマッサージっていう名前だけど、子供が幼稚園に入っても、小学校にあがっても、続けていくことが大事です。

実際、私がベビーマッサージを習い始めたのは上の子が幼稚園に入ってからです。

「くすぐったい~!」って爆笑されるけど、ママが意図的に体をハグしたり、触れてくることが嬉しいみたいで、いっつもニコニコ。

嫌がりません。もしろめっちゃ喜びます。

保育園・幼稚園・小学校…ママから自立していくたびに、子供は色んなことを経験して、戦っておうちに帰ってきます。

そんな時にママとのベビー(キッズ)マッサージがあったら。言葉でない、母子の体のコミュニケーションによって、親子の絆が生まれ、よりよい親子の時間が生まれると思いませんか?

イヤイヤ期、ぐずり、夜泣き…。

赤ちゃんを卒業しても、子育てはずっと続きます。「あぁ、もうママ休みたい」そんなくじけそうな時ほど、

ママの癒しの時間=ベビーマッサージ

が大切なのです。

「ママをもっと楽しみたい!」は勿論、

「ママにちょっと疲れちゃった」。

そんな方もぜひ、ママトリコの扉をそっと開いてみてくださいね。

ママトリコの公式LINE始めました♪

レッスンの先行情報、予約が簡単にできます。

ぜひこの機会にどうぞ!お教室の質問もお気軽に♡

友だち追加