お教室について

「パン教室の先生」きっかけは○○【絶望からの這い上がり】

「パンの先生の働きかた、理想的かも」「でも何もスキルないのにできる?」

気になる!!との問い合わせがたくさんきています〜(°_°)!

そして一般募集する前にメンバーも決まり・・・

このスピード感に驚いております

((パン教室先生の働き方って?))

スキルなし、実績なしでも叶う

パン教室スタート講座

追加募集決定!

1〜2名のみ

講座ってどんな内容なの?

について講座説明会を開催しました。

「講座の詳細をもっと詳しくききたい!」方は

2024年6月14日(金)

24:00までに

LINEで「個別」と送ってくださいね。

6月17日(月)以降、講座について詳しくお伝えいたします^^

↓↓↓

友だち追加

8月から、子供と一緒でも働ける

幸せな働き方をお伝えする講座が始まります。

(子供の有無は必須ではありません。まだお子さんがいない方、お子さん成人されてる方からもお問い合わせあります^^)

1人1人にあった働き方を徹底サポートするので、

たくさんの人数を募集しません。

追加募集は

1〜2名さまのみです。

「個別相談」と4文字送ってね♪

↓↓↓

友だち追加

私が親子パン教室をスタートしたのは、

上の子が年少さん(4歳)入園、

下の娘が2歳になる年でした。

じつは一番さいしょ、上の子を出産したときは

保育園ママとして

会社に復帰した経験があります。

子どもはかわいいし

保育園に入れる前は

「会社に戻るのやめようかな」

そう思ったこともあったけれど、

1日中、子育てする時間の使い方が性に合わず、復職しました。

広島中区ママトリコ

「会社に戻る以外、ママとして働く選択肢なんてない」

当時はそう考えていたんですね。

もちろん、専業主婦を

楽しめるタイプの人もいますね、

でも、私は子供といっしょに過ごす時間ももちろん大事だけど

社会と繋がって「求められること」が必要不可欠なひとだったんです。

メロンパンママトリコ

 

毎日おなじことをくり返すより、

すこし冒険心があって、

人に求められてて、

挑戦してる方が楽しい。

・・・が、職場にもどると

産前のポストとは違うポジションに変わっていました。

ママトリコ

「子供がいるから、責任がない仕事のほうがいいよね」

上司の心遣いであるのはわかっています。

でも、でも。

誰にでもできる仕事しか、

今の私は価値がないんだ

そう感じました。

ママトリコ

責任ある仕事ふられても、

こどもの熱があれば帰るしかないし、

本当なら「ラッキー!」って思うところだったのかもしれませんね。

でも、当時のわたしは

女性はママになったとたん、

社会からははずされる存在なんだ

そう感じたんですね。

ママトリコ

そして予想通り、子供が病気になりまくり(手足口病)

出勤できない日々。

ひどい時は1ヶ月仕事をやすみました。

職場では女性の同僚に「いっつも帰るし責任感がない」ということを陰で言われていることを男性社員から聞き、絶望、いかり、悲しみ。

頭の糸がぷつんと切れて、退職しました。

退職せざるを得なかったんです。

もう、メンタルが保てなかった。ぎりぎりだった。孤独だった。

次に考えたのは在宅ワークです。

文章を書くのは大好きだったので

ウェブライターに転身、自宅で子供といながら作業し、

3ヶ月で2番目の成績になれました。

でも、パソコンを触るわたしに

子供は「かまって」攻撃。

朝方こどもが寝ているベッドの上で

ひそかにタイピングし、その音に子供がおきてイライラする毎日が待っていました。

パソコンにはりつく仕事も、子供がいっしょにいてはできない。

でも、その時の私には

スキルもないし

職場復帰したい!

そう思えるような職場もなかった

子供もいるし、時間は有限。

実家も遠方、ワンオペ育児。

それでも、何かしたい。

そして過去のトラウマがあるからこそ

子供と「一緒に」「巻き込める」仕事しかしたくなかった。

待機児童にも、

夏休みにも、小一の壁にも、困らない、

社会繋がれる仕事。

ママトリコ

その時ふと思いついたのがパン。

子供と一緒にやる、親子パン教室、という道でした。

調べてみると、「教室」主宰には資格は必須ではないことがわかりました。

  1. 赤ちゃんと一緒でもいい
  2. 自分のスケジュールで動ける
  3. 社会とも繋がれる

条件が私にピッタリかもしれない。

直感でそう感じました。

もちろん、パンのライセンス(資格)なんて持っていないし、

人に教えたことなんてない。

けど、子供といっしょに、何かしたい。

そんなお母さんってけっこういるはず。

むしろ、多いでしょう??

そう!

実は私、パン教室の先生になりたかったのではなく。

子供を巻き込みながら働ける、

という働き方の条件から

パン教室の先生の道を選んだんです。

思い返せば………

あの時自分の気持ちに「正直に」行動して

本当に良かった!!!

専業主婦がダメとか

会社員で、パートで働くのが無理とか

そういうことを言ってるわけではなくて。

ママになったらママ業をする

子どもが1歳になったら職場復帰する

ママだから子ども優先で考えないと

教育費もかかるししっかり稼がないと

子どものことを思うからこそ

ママになると私たちは

無意識に

「女性はそんな生き方がフツウだから」

と自分に当てはめてしまいがち。

でも、ママの自分、

そして自分の将来どうありたいか

切り離して考えてみた時、

今の自分に「違和感がないか」

自分に聞いてみて欲しい。

なんとなく

世間一般的には「幸せなはず」だからこのままでいいんだ。

そう考えてる女性は多いのではないかな?

何かできるようになりたい

でも、子供とは一緒にいたい。

そしてとにかく「女性を働かなくさせる」そんな今の日本社会への怒り。

ある意味そんな焦りや願望、

怒りが原動力でもあった

私のパン教室がスタート。

パン作りが死ぬほど好きだから選んだわけではなかった

でも、実際にパン教室業をやってみて

3年教室を続けているうちに

もう今の仕事が

「ママにとって」

天職すぎる!

焼いたパンは全て家族に還元できる。

生徒さんにも、喜んでいただける。

無添加で、ごはんにも、おやつにもなる手作りのパン。

「よっちゃん先生に出会ってよかった」

「見てると元気になれます!」

「手作りパンつくれるママになれて、幸せです」

もう「仕事」とは思っていない。

私のライフワーク、わたしの人生そのものです♡

私はパンの資格なんて持ってません。

それに、

最初から絶対にやりたいことじゃなくてもいい。

完璧から始める必要はない。

きっかけもきっと何だっていい。

別におうち仕事だけが正解なわけでもない

今の自分に違和感があるなと思った人は

とにかく何か行動を起こしてみること。

結婚によって、子育てによって、

もう自分を「仕方ない」なんて。

今ある環境の枠組みだけで自分を諦めること、私は、もう、しない!

ここまで読んでくださったあなたへ。

「パンの先生の働きかた、理想的かも」「でも何もスキルないのにできる?」

気になる!!との問い合わせがたくさんきています〜(°_°)!

そして一般募集する前にメンバーも決まり・・・

このスピード感に驚いております

((パン教室先生の働き方って?))

スキルなし、実績なしでも叶う

パン教室スタート講座

追加募集決定!

1〜2名のみ

講座ってどんな内容なの?

について講座説明会を開催しました。

「講座の詳細をもっと詳しくききたい!」方は

2024年6月14日(金)

24:00までに

LINEで「個別」と送ってくださいね。

6月17日(月)以降、講座について詳しくお伝えいたします^^

↓↓↓

友だち追加

8月から、子供と一緒でも働ける

幸せな働き方をお伝えする講座が始まります。

(子供の有無は必須ではありません。まだお子さんがいない方、お子さん成人されてる方からもお問い合わせあります^^)

1人1人にあった働き方を徹底サポートするので、

たくさんの人数を募集しません。

追加募集は

1〜2名さまのみです。

「個別相談」と4文字送ってね♪

↓↓↓

友だち追加
親子パン教室講師
よっちゃん先生

フォロワー2.7万人。

コロナ禍より子連れママの為の自宅サロン(パン教室)を開業。

初月より3ヶ月先まで満席となる。学童や公民館、イベント出張講師を多数経験し、2年半で2000名以上のママと関わる。Yahoo!ニュース、LINEニュース掲載、製菓材料店cottaのインフルエンサー100人にもノミネート。

オンラインで全国のママと子どものための「絵本と季節の米粉パン」づくりをスタート。

\ Follow me /